レンタルサーバー

コンドロイチンとは

コンドロイチンとは

 

案外多くの人が、
コンドロイチンをサプリメントで補っているといわれています。

 

サプリメントに使うコンドロイチンとは、
軟骨や結合組織に存在するムコ多糖類の一種です。

 

たんぱく質と体の中で結合して、
体のさまざまなところにあるといいます。

 

靭帯や筋肉の腱などの弾力性を保つために必要な成分であり、
関節のクッションとしての役割も果たしています。

 

関節の動きをなめらかにして、
骨に衝撃や圧力がかかった場合などは骨をガードする働きもあります。

 

老化とともに徐々に生成量は減ってくるので、
そのうち不足しがちになりますが、
体内で若い頃はどんどん生成されています。

 

食品では、粘り気のあるやまいも、納豆、
オクラなどにたくさん含まれているといいます。

 

コンドロイチンがサプリメントで好まれるのは、
関節痛や老化防止に効果が高いと言われているためです。

 

軟骨がコンドロイチンが足りなくなると減ってしまい、
頻繁に骨同士がぶつかりあうようになるので、
それが原因で関節のきしみや関節痛が起こります。

 

年を取ると体のふしぶしが痛むのは、
コンドロイチンが不足してきているためです。

 

食事で補ってもいいですが、サプリメントは手軽ですし確実です。
関節痛や美容に多くの人が利用しているようで、
最近ではさまざまなコンドロイチンのサプリメントが販売されてるそうです。

 

 

満足度97%!のグルコサミン「暮しの匠」→詳しくはコチラ

 

 

↓コレは本当に使ってみてほしい!↓

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

コンドロイチンとは関連ページ

コンドロイチンとサメ軟骨
コンドロイチンとサメ軟骨
コンドロイチンとグルコサミン
コンドロイチンとグルコサミン